IPO投資

IPO(新規公開株)投資 当選後の流れ

IPO投資は滅多に抽選に当選しませんので、ある日突然当選していることを確認したら、その後の流れに戸惑ってしまうことも多いと思います。

そこで、ここではIPO投資の抽選に当選した後の流について具体的に書いていきたいと思います。

当選銘柄の情報確認

当選

抽選に当選していたら、その銘柄について次のことを確認する必要があります。

・購入申込み開始日
・購入に必要な金額
・上場日

当選しても抽選日にその場ですぐ購入申込みができるわけではありません。購入申込みできるのは数日後になっていることが多いです。

購入に必要な金額というのは、「その新規公開株の公募価格×100」の数字です(100株当選の場合)。

新規公開株の価格は数百円・数千円に表示されていることが多いと思いますが、それは1株の値段です。購入できるのは100株からとなります。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
当選するのはほとんど100株です。もし運よく200株・300株など複数当選していたら、その複数当選した分もしっかりと購入申込みしましょう。

そして、購入後には上場日に初値で売却するので、上場日の日付も調べておきます。

補欠当選

IPOの抽選では、「当選」でも「落選」でもなく、補欠当選という結果になることもあります。

補欠当選でも購入の申込みができるので、忘れずにやっておきましょう。「当選しても購入の申込みをしなかった人」がいた場合、その分が「補欠当選で購入申込みをした人」の中から繰り上げ当選になります。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
僕は過去に一回だけ大和証券で補欠当選から繰り上げ当選したことがあります。だから、補欠当選でもしっかりと購入申込みはしておきましょう!

もっとも、当選しなくても落選(選外)表示とはならずに、必ず補欠当選と表示される証券会社があります(もしくは、落選でも必ず補欠申込みができる証券会社)。次の証券会社です。

・SMBC日興証券
・丸三証券
・岩井コスモ証券
・カブドットコム証券
・楽天証券
・GMOクリック証券

上記の証券会社では「購入申込み」の後に抽選日があるので、イメージとしては「抽選申込み」自体が2段階あるという感じです。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
IPO投資を始めた時、僕は上記の証券会社で補欠当選になり喜んでいました。しかし、すぐに必ず補欠当選していることに気付きました。まさにぬか喜びです。

購入の申込み

幸運にも当選することができたならば、次は当選した新規公開株に実際の「購入の申込」をすることになります。忘れずに申込んで下さい。購入申込み可能な期間は短ので、その期間を過ぎてしまったらせっかく当選したとしても新規公開株を買うことができません。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
もっとも、購入申込みを忘れてしまう人がいるから補欠当選からの繰り上げ当選ということがあるのかもしれませんが。

ちなみに新規公開株の購入は、通常の株式の購入とは違って手数料はかかりません(売却時にはかかります)。

売却(初値売り)

無事に購入申込みをすることができたら、次はいよいよ最後の売却(初値売り)です。

購入の申込みを完了したとしてもすぐに保有銘柄の画面などに購入した新規公開株が反映されるわけではないので、失敗したと勘違いしないで下さい。購入の申込みができていればちゃんと新規公開株は買えています。

売却注文

売却注文は購入申込みをした後にすぐできるわけではありません。新規公開株の売却注文をいつからできるかは証券会社によって違いますが、だいたいは上場日の前日~当日となっています。

オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 え、前日か当日だって!?遅すぎないか?「最初に売る」っていう操作をするだけなんだから、何日も前にササっとやっておきたいんだけど。
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
残念ながらそれはできません。新規公開株の売り注文を出せるのはギリギリの時間になっています。株式市場の相場は午前9時からスタートなのですが、売り注文が当日の午前6時以降でないと出せない証券会社もあるので、当日の自分の予定を考えて売り注文を出せる準備をしておきましょう。
オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 なんでギリギリじゃないと売り注文を出せないんだろう。
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
僕は仕事と重なってしまった時に、ログインパスワードや暗証番号をメモした紙を持ち歩いておいて、午前9時前に時間を見つけてスマホで売り注文を出したことがあります。

寄り付き・成行

新規公開株の「売り注文」を出す時に「初値売り」という項目はありません。あくまで通常の株式の売却の形で注文を出すことになります。

株式を売買する時には、「いつ」・「いくら」で売り買いするのかを指定します。新規公開株を初値売りする場合は「最初」「いくらの値段でもOK」と指定することになります。

それは「寄り付き(よりつき)」・「成行(なりゆき)」という注文になります。「寄り付き」はその日の相場の最初の時(午前9時)という意味で、「成行」は値段はいくらでもよいという意味です。

「寄り付き」と「成行」を合わせて「寄成(よりなり)」と表示されるところもあります。また、「寄り付き」は漢字のみの表記で「寄付」と表示されていることもあります。

オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 見慣れない言葉が多いなあ。
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
難しく考えることはありません。新規公開株を初値売りするだけですから、「寄り付き」「成行」という言葉だけ覚えていれば大丈夫です。

値段つかず(次の日に持ち越し)

新規公開株の売り注文を無事に出せていても、その日のうちに売却できていない時があります。

オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 なんでだ?トラブル発生ということか?
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
違います。これは嬉しい場合です。

ちょっと難しい表現かもしれませんが、新規公開株に限らず市場の取引での株の売買というのは、需要と供給のバランスで価格が決まります。

「欲しい人が多いのにモノが少ないと、価格が高くなる」・「欲しい人が少ないのにモノが多いと、価格が下がる」・・・という原理です。

株の取引(新規公開株の取引含む)でも同じことが起こります。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
証券取引所に1株1000円での売り注文が10000株分あっても、1株1000円での買い注文が11000株分あったら、「1株1000円での売買」は成立しません。
オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 何を言っているんだ?よく分からないぞ。

「1株が1000円」という値段での売買が成立するためには、「1株1000で買いたい」という人と「1株1000円で売りたい」という人の数が同じじゃなければなりません。

それらの数が異なった場合は、その値段での売買は成立せず、別の値段での売買が成立するように流れていきます。

新規公開株というのは注目度が高いため、銘柄にもよりますが買いたい人がかなり多いものです。そのため、「売る人」よりも「買いたい人」の方が圧倒的に多いです。

買いたい人の方が多いということは、価格がどんどん上がるということです。「1株1000円」で全員が買えないとなると、例えば「1株1100円」で売買が成立するか、それもダメだと次は「1株1200円」で成立するのか・・・という話へとなっていきます。

オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 ・・・何の話をしているんだ?
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
すみません。理屈の話はやめて結論だけ言います。新規公開株の売り注文を出してもその日に売買が成立していないということは、買いたい人が多すぎてまだ価格が決まらないということです。

そのような場合は次の日へと持ち越されます。次の日に買いたい人と売りたい人の数が一致すれば、価格が決まって売買が成立します。しかし、次の日も決まらない場合は、さらにその次の日へと持ち越されていきます。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
2018年に445万円の利益となった新規公開株「HEROZ」は上場日から2日後になってやっと売買が成立したんです。だから物凄い利益になったんですね。
オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 なるほど!ということは、新規公開株の売り注文を出していても上場日に売買が成立していなかったら、利益が上がるから嬉しいってことなんだな!?
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
そうです。しかし、一つ注意することがあります。それは、売り注文の期限をいつにしているかということです。

株の売買は「いつ」・「いくら」で買うかを指定します。新規公開株の場合は初値売りなので「寄り付き」・「成行(なりゆき)」と指定します。そして、実はそこでもう一つ売り注文について指定することがあります。それは、その条件の注文をいつまで有効にするかということです。

「当日のみ」としていた場合は、その当日に限り「寄り付き」・「成行(なりゆき)」の売り注文を自分が出しているということになります。

もし新規公開株の値段が上場日に決まらず次の日へと持ち越された場合、「当日のみ」の売り注文を出しているだけだったら次の日に値段が決まっても売れたことにはなりません。

そのような場合は、次の日の相場開始前までに再び「寄り付き」・「成行(なりゆき)」の売り注文を出すか、もしくは最初から「今週中」などの指定にして売り注文を出しておく必要があります。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
僕もそうですが、普通の株式投資はせずにIPO投資をするだけの者は売買の注文なんてあまりやらないですから間違えやすいものです。当選後にしっかりと利益を手に入れるためにも、注意していきたいところですね。

受渡し

株式投資などで売買が成立することを「約定(やくじょう)」といいます。無事に約定したら、IPO投資の利益が確定となります。

約定したかどうかは、「約定履歴」などの画面で見ることができます。

約定しても、すぐに売却金額が残高にプラスされるわけではありません。金額が残高にプラスされるのを「受渡(うけわた)し」といって、だいたい1週間後ぐらいになっています。

そして、利益に対しては約20%の税金がかかることになります「特定口座(源泉徴収あり)」でしたら、そのまま自動的に税金を引かれた金額が受渡し金額となります。「特定口座(源泉徴収なし)」・「一般口座」だったら税金は引かれませんが、後で自分で納税しなければなりません。「NISA口座」でしたら、120万円までの取引は非課税なので20%引かれずそのままの金額が残高にプラスされます。

利益の計算方法

新規公開株に限らず、株式の取引では利益に対して約20%の税金がかかります。消費税売買手数料もかかるので、ここで少し利益の計算方法を確認したいと思います。

①税引き前利益=「売却額」-「購入金額」-「売却手数料」-「消費税」

②税引き後利益(確定利益)=「税引き前利益」×「79.685%」

※ 「税引き前利益」の20.315%が税金となります

オレンジ兄さん
オレンジ兄さん
 よく分からん。
ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
簡単に言います。儲かった差額からまず売却手数料とその消費税が引かれます。その後に、そこからさらに別の税金として「20.315%」引かれます。それで残ったのが最終的な利益です。

まとめ

以上がIPO(新規公開株)投資の当選後の流れとなります。

色々なことを書きましたが、僕が強調しておきたいポイントは2つだけです。

大事!

①忘れずに購入申込みをする!
②ちゃんと売却注文を出す!

この2つがしっかりしていれば、後の細かいことは大丈夫です。逆に、この2つのどちらかで失敗していると、せっかく当選していてもIPO投資が成功にならない可能性があります。

普段は全く当選しないIPO投資なので、慣れないことで失敗してしまうこともよくあると思います(僕も過去に一度だけ「初値売り」をミスったことがあります)。

ですが、せっかくIPO投資を始めて粘り強く抽選の申込みをしてきたと思うので、当選後も焦らずに・忘れずに上の2つのことをやっていただけたらと思います。

ウォール街 ちん太
ウォール街 ちん太
せっかく新規公開株に当選したのに、購入の申込みを忘れたり売却注文がちゃんとできなかったのは非常にもったいないことです。そんな「ホームランを打ったのにベースを踏み忘れた」ようなことは絶対にしないように注意していきましょう!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。