IPO投資

野村證券のIPO抽選結果確認方法・購入申し込み方法を画像付きで解説します

野村證券のIPO(新規公開株)の抽選結果確認方法・購入申込み方法について書いていきます。

抽選結果確認方法

「取引」をクリック

ログインに成功したら、トップ画面になります。ここで画面の上の方にある「取引」をクリックします。

「IPO/PO」をクリック

「IPO/PO」をクリックします。

抽選結果を確認

画面を下に進んでいき、申込みをして抽選結果を確認する銘柄のところで、銘柄の名前の左に表示されている抽選結果を確認します(下の画像では抽選結果が「落選」と表示されています)。

「当選」または「補欠当選」の場合は、その後に「購入申込み」の手続きを行うことになります。「落選」ならば、その時点でその銘柄の東海東京証券でのIPO投資は終了です。

購入申込み方法

抽選結果の「当選」を確認

抽選結果を確認して、「当選」または「補欠当選」となっていた場合は、その後に購入申込みをすることになります(下の画像は抽選結果が「当選」となっているものです)。

抽選日にすぐに購入申込みはできるわけではありません。「購入申込み期間」にならないと購入申込みはできないので、その期間がいつからなのかを確認しておきます。下の方に記載してあります(画像では、購入申込み期間が「2018/09/03(木)06:00~」となっていて、抽選日の2日後からとなっています)。

「購入を申込む・辞退する」をクリック

購入申込み期間になったら、画面右側の方に「購入を申込む・辞退する」という字が現れますので、それをクリックします。

3ヶ所の四角の中をそれぞれクリックし、「同意する」をクリック

画面を下に進んでいき、上から下に3つある小さい四角の中を全てクリックします。それが終わりましたら、その下の「同意する」をクリックします。

もし新規公開株の取引についての文書が表示されたら、それを消す

この後に新規公開株の取引についての文書が画面に表示されるかもしれませんが、そうなったらそれを消します(下の画像のパターンでは、画面右下の「キャンセル」をクリックして消すことになります)。

再び「同意する」をクリック

新規公開株の取引についての文書が消えましたら、再び画面下の「同意する」をクリックします。

「目論見書」をクリック

画面中央の方にある「目論見書」をクリックします

「目論見書を見た」状態にする

野村證券で新規公開株の抽選に申込むには、その新規公開株の「目論見書(もくろみしょ)」を見なければなりません。目論見書とは、その新規公開になる会社のことが書いてある文書のことをいいます。

画面上で「目論見書」をクリックすれば、パソコン・スマホでデータ上の目論見書が表示されます。もっとも、「目論見書を見た」とコンピューターに判断してもらうために、実際に目論見書の中身を見る必要はありません。「目論見書」をクリックして出てきたものをすぐに消しても「目論見書を見た」と判断される場合が多いです。

各パソコン・スマホで表示される内容は異なると思いますが、ご自分のパソコン・スマホで色々と試して「目論見書を見た」状態までクリアしていただければと思います。

自分がパソコンでやっている場合だと、表示された画面ですぐに「キャンセル」をクリックして進んでいきます。参考までに以下ではその画像を載せたいと思います。

「キャンセル」をクリック

「目論見書」をクリックして出てきた画面で、右下の「キャンセル」をクリックします。

「同意する」をクリック

「目論見書」の下にある「同意する」をクリックします。

「全数申込」の左の〇の中をクリックして、「確認する」をクリック

画面を下に進み、「全数申込」という字の左にある〇の中をクリックします。それが終わりましたら、その下の「確認する」をクリックします。

「取引パスワード」を入力、「購入申込・辞退する」をクリック

画面を下に進んでいき、「取引パスワード」を入力します。それが終わりましたら、その下の「購入申込・辞退する」をクリックします。

購入申込み完了

これで野村證券のIPOの購入申込みは完了です。

上場日を確認

上場日を確認しておきます。そのまま画面の「IPO/PO銘柄一覧へ」をクリックします。

画面を下に進み、購入申込みをした銘柄のところで「上場日」という字の右側に上場日が記載してあります(下の画像では、上場日は「2018/09/25(火)」となっています)。

その後

その後は上場日に初値売りをすることになります。具体的な行動としては、上場日当日または前日などに購入した新規公開株を「寄り付き・成行」「売却注文」を出します。

上場日当日に売却注文が約定されましたら、そこで利益が確定します。そこから数日~1週間後ぐらいに売却代金から消費税・手数料・その他税金が引かれた額が口座の残高にプラスされて、そこでその銘柄のIPO投資は終了となります。

初値売り方法こちらをご覧ください。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。