IPO投資

SBI証券 IPO(新規公開株) 抽選申込み方法

SBI証券のIPO(新規公開株)の抽選申込み方法について書いていきます。

 

ユーザーネーム・パスワードを入力して「ログイン」をクリック

SBI証券のページを開きましたら、まずは「ログイン」をします。画面右側の2つの四角の中にSBI証券での自分のユーザーネーム・パスワードを入力します。入力したら、下の「ログイン」をクリックします。

※ ユーザーネーム・パスワードなどは口座開設の時に証券会社から送られてきた書類に記載されています

 

 

「国内株式」にカーソルを合わせて、出てきた「IPO・PO」をクリック

画面上部の方の「国内株式」にカーソルを合わせると、下にいくつもの項目が出てきます。その中の「IPO・PO」という項目をクリックします。

 

 

「新規上場株式ブックビルディング / 購入意思表示」をクリック

画面を下に進み、「新規上場株式ブックビルディング / 購入意思表示」をクリックします。

 

 

 

申込む銘柄のところで、「申込」をクリック

画面を下に進み、自分の申込もうと思っている銘柄のところで、右の方にある「申込」をクリックします。

 

 

「申込株数」を入力、「価格」を選択、「IPOチャレンジポイント」を使用するかしないかを選択、「取引パスワード」を入力、「申込確認画面へ」をクリック

「申込株数」を入力します。この点、SBI証券のIPO抽選申込みは、何株でも申込むことができます。そして、抽選日に申込んだ株数に応じた資金分だけの抽選が有効になり、資金が足りなかった分の申込みについてペナルティなどはありません。

とりあえずは「100(株)」という入力でOKです。もしSBI証券に残高が多めにあるという方は、「1000(株)」「10000(株)」という入力でも大丈夫です。抽選日に資金分だけの抽選が有効になるだけでペナルティはありません。

詳しくはSBI証券のIPOルールでご確認ください。

「価格」を選択しますが、100株分の資金が足りないなどの事情がなければ、「ストライクプライス」という字の左のの中をクリックします。「ストライクプライス」はいわゆる「成行(なりゆき)」と同じで、値段はいくらでもOKという意味です。

「IPOチャレンジポイント」を使用するかどうかも選択します。もっとも、この項目は初めから「使用しない」に選択されていますが、そのままでOKです。「IPOチャレンジポイント」を使用するべき抽選申込みというのは、初値が公募値よりも大幅に上がりそうな銘柄のみです。「IPOチャレンジポイント」についてもSBI証券のIPOルールに書いてありますので、時間に余裕のある方はご確認していただければと思います。

最後に「取引パスワード」を入力して、「申込確認画面へ」をクリックします。

 

 

「申込」をクリック

「申込」をクリックします。

 

抽選申込み完了

これでSBI証券のIPO(新規公開株)の抽選申込みは完了です。

 

抽選日を確認

抽選日を確認しておきます。そのまま画面の「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示画面へ戻る」をクリックします。

 

 

 

画面を下に進み、抽選申込みをした銘柄のところで「抽選結果」という字の右側に抽選日が記載してあります(下の画像では、抽選日は「8/28 18:00~」となっています)。

 

 

その後

その後は抽選日になったら抽選結果の確認をします。「当選」または「補欠当選」の場合は、そこから「購入申込み」をします。「落選」ならば、その時点でその銘柄のSBI証券でのIPO投資は終了となります。

抽選結果の確認方法こちらをご覧ください。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。