資産運用

1000万円で資産運用を考えると最後は二択になる理由

手元の1000万円を資産運用に使いたいが、具体的にどうすればいいのか分からない方は多いと思います。1000万円という額での資産運用ですが、「100万円」を運用するのと「1億円」を運用するのとはやはり違います。

そこで、今回は「1000万円での資産運用」について書いていきたいと思います。

この記事の内容

・1000万円で資産運用をする時の実際のパターンを解説します

資産運用で1000万円を運用する

1000万円というのは多くも少なくもない額です。1000万円というのは100万円と1億円の中間なので、その両方の方向性の資産運用が可能です。

100万円の価値

100万円は資産運用の元手としては決して多くありません。100万円を元手に毎年3%の株式配当(3万円)を貰って生活費の足しにしても、生活はそれほど変わらないはずです。

また、100万円を長期投資で増やしたとしても、老後資金を全額カバーできるまでには至らないと思います。

そのため、100万円のみで資産運用をするとしたら、目的にもよりますがハイリスクな手段を選ぶ必要があるかもしれません。

1億円の価値

これに対して、1億円はその逆です。

1億円ならば、3%の配当年間に300万円の不労所得になりえますので、それだけで生活することも考えられます。もちろん、リスクをとってさらなる資産の上昇を目指すこともできます。

1億円を元手に資産運用をするとしたら、目的によって100万円の時よりも選択肢が広がります。

1000万円は両対応

これに対して、1000万円ならば100万円と1億円のどちらの方向性も採用は可能なレベルです。

1000万円の元手で資産運用をするとしたら、配当などを生活費の足しにすることもできますし、少しリスクをとってさらに大きな資産に増やすこともできます。

1000万円での資産運用

・配当などを生活費の足しにできる

・さらに大きな資産に増やす元手にもできる

ただ、やはり1億円とは違うので、配当で生活費全てはカバーできません。といっても、3%ならば30万円あるので1ヶ月の生活費ぐらいにはなりえます。

「生活費の足し」か「株価上昇」か

あまり複雑な資産運用の話ではなくシンプルに株式の運用で考えてみると、1000万円の運用方法は2つになります。

1000万円の運用方法

・①配当を生活費に使うなどして、元本は売らずにそのまま保有する

・②配当を再投資するなどして、より元本の上昇を目指す

人によって自分に合ったものを選べばいいと思います。

ただ、ポイントとしては、例えば米国株などの長期的に上昇していく投資対象を選んだ場合は、配当重視の選択をしたとしても元本(株価)自体もちゃんと上昇していくということです。

それなので、この二択はどちらか一方をとればもう一方のメリットを完全に受けられなくなるわけではありません。

もっとも、一般論として、高配当株は非・高配当株よりも株価は上昇しないものです。なぜなら、非・高配当株の企業は利益を事業拡大のために使うのに対して、高配当株の企業はその利益を配当として株主に払ってしまうからです。

 

以上により、この二択の本質は、1000万円の資産について「全てを株価の上昇に使う」「株価の上昇を一部犠牲にしてその分を配当に回す」かのどちらを選ぶかということになります。

1000万円のおすすめ運用先

では、具体的な運用先について紹介していきます。

上でも少し触れましたが、長期の資産運用の投資先としては米国株がとても優れています。その理由はたった一つで、米国株は「株価がずっと上がっているから」です。

米国の主要企業30社の値動きを平均して算出した有名な指標で「ダウ平均株価」というものがあります。下記はその「ダウ平均株価」の1900年頃からのチャートです。

これは正真正銘「ダウ平均株価」の株価チャートです。パっと見て右に行けばいくほど株価が上がっているのが分かると思います。

1900年頃一ケタでしたが、今はもう2万5000ドルを超えています。

途中で一時的な下落はありますが、最終的にはただの右肩上がりの形になっているのが米国株です。

「ダウ平均株価」というのは、客観的な数字のデータです。グーグルで検索すれば一番上に現在の株価が出てきますので、ぜひ一度自分で確かめてみて下さい。

 

 

米国株への投資でも、配当重視か株価重視かのどちらかを選択することはできますので、次はさらに具体的な投資先について書いていきます。

株価重視ならば「S&P500」

米国株の有名な指標である「ダウ平均株価」ですが、もう一つの有名な指標に「S&P500」というものがあります。

ダウ平均株価は30社を扱ったものですが、「S&P500」はその名の通り米国の主要な企業500社を扱っているものです。

「S&P500」もダウ平均株価とほとんど同じ値動きをします。下記のチャートが「S&P500」の40年チャートです。

ダウ平均株価と同じで右に行けば行くほど株価が上がっているのが分かると思います。

ダウ平均株価は30社ですが、「S&P500」は500社もの数を扱うので、より多くの企業への投資として分散効果もあり安心感もあります。

また、「S&P500」の株価の成績というのは、他の投資方法と比較される時によく使われるものです。「S&P500」のリターンが安定して高いものであるということは金融業界の常識なので、常に何かと比較される教科書的存在になっています。

そういった意味で、米国株への投資ではまず「S&P500」への投資をおすすめします。

配当重視ならば「SPYD」

これに対して、配当を重視するのならば、その「S&P500」の中から配当の高い企業のみへ投資するという方法が考えられます。

実はこれには簡単なやり方があります。それは、「SPYD」というETFを購入するという方法です。

ETFというのは、自分のお金をプロに預けて代わりにそのプロが株などを運用してくれるというシステムです。といっても、ETFという「一つのもの」を購入するだけでいいので、株を買うのと手順は同じで複雑ではありません。

「SPYD」というETFは「S&P500」の中から配当の高い80社のみを選んだものです。つまり、「SPYD」に投資するということは、「S&P500」の中の配当の高い80社にだけ一気に投資するということです。

ETFは株と同じように株価が上下しますが、「SPYD」の最近の価格だと購入した額の3%は配当(ETFなので正確には分配金)を1年間の合計で受け取ることができます。

※ 米国株の場合は年に1回ではなく、年4回の配当があります。ただし、それは配当が4倍ということではなく、その4回の合計で3%になるということです。

※ 配当には税金がかかります。米国株の場合は日本と米国でそれぞれ税金がかかるので、総額の3割ほどは税金として引かれます(もっとも、一部は確定申告で取り戻すことができます)。

下記が「SPYD」の株価チャートです。

「SPYD」はETFとして設立されてからまだ5年ほどしか経っていませんが、「S&P500」の中の80社なので、やはり「S&P500」と同じような値動きをしています。

「S&P500」を高配当株用に特化させたのが「SPYD」です。

1000万円を配当重視で運用するのならば、「SPYD」をおすすめします。

まとめ

以上、1000万円を資産運用する方法について具体的に書かせていただきました。もう一度まとめます。

1000万円の運用方法

・配当を生活費に使うなどして、元本は売らずにそのまま保有する

・配当を再投資するなどして、より元本の上昇を目指す

 

具体的に何を買うか

・「S&P500」に連動するもの(株価重視)

・ETFの「SPYD」(配当重視)

1000万円というのは一つの節目だと思います。なぜなら、資産運用で1000万円を使えば生活や将来の資産を大きく変える具体的なきっかけになるからです。

この記事を読んだ結果、1000万円の資産運用が成功してくれれば幸いです。

以上です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。