資産運用

資産運用の天敵「円高」に対応するたった一つの方法

資産運用先で海外を選択している場合、影響があるのが円高です。円高になると為替部分だけにおいては問答無用で含み損が進みます。

では円高にはどう対応すればいいのでしょうか。今回はそれについて書いていきます。

この記事の内容

・円高になった時の対処方を解説します

・円高の時のおすすめ投資先を紹介します

僕は資産運用歴5年以上で、通算の利益は約200万円です。米国株というドル資産を200万円ほど保有しているので、円高になれば影響を受けます。

※ 上記は僕が保有する米国株を証券会社の画面で開いたものです。

では、解説していきます。

円高に対応するたった一つの方法

円高とは、円という通貨の価値が他の通貨に比較して高いことです。

円の価値が高いので、円を他の通貨に交換する時は有利です。逆に、他の通貨から円に交換する時は不利になります。

円高

・円を他の通貨に交換→他の通貨にたくさん交換できて有利

・他の通貨から円に交換→少ない量の円に交換されてしまい不利

結論から言いますと、円高に対応する方法は「円高の時に他の通貨資産に投資すること」です。

では、まずは円高の原因から書いていきたいと思います。

円高の原因

なぜ円高になるのでしょうか。これは一つ言えることがあります。

円高の原因は不明です。

もちろん、後付けで理由はいくらでも考えられると思います。しかし、その現象が確実に起きる法則など何も証明できないものです。

というのは、通貨の価値は需給のバランスだけで決まるからです。

円高になるということは、通貨の円を欲しい人が多いということです。円が欲しい人が多いということは、世界中で円の買い注文を出している人が多いということです。

なぜ世界中で円の買い注文を出している人が多くなるか・・・ということは、その世界中の人に聞いてみなければ分かりません笑。

といっても、過去を振り返ると円高の傾向がある期間というのは確かにあります。

円高になる時

円高になる時というのは、長期的には政策で決まっていきます。

下記は1971年からのドル円のチャートです。

※ 上方向が円安、下方向が円高です。

「1ドル360円」の固定相場制が終了した1970年頃からのものですが、ぱっと見て大きな円高の流れが前半に3つあることが分かると思います。

円高の大きな流れ

・①1970年~
・②1975年~
・③1985年~

「①1970年~」と「②1975年~」の円高の原因は固定相場制が変動相場制に移行したことです。それまでは「1ドル=360円」で固定だった相場が変動相場制になったので、需要と供給のバランスで決まるため為替が激しく変動しました。

「③1985年~」の円高の原因は各国の政治家が話し合ってドル安(円高)誘導政策を行ったことです。プラザホテルで話し合って決めたので「プラザ合意」とも呼ばれています。これはとても分かりやすいもので、政治家が円高にしようとして円高にしたものです。

1985年からの円高の原因

・政治家が円高にしようとしたから

 

では、次に1998年からのチャートを見てみます。

ここから読み取れることは2つです。

1998年~

・①130~80円ぐらいの範囲内の相場である
・②2007年頃から大きな円高の流れがある

最初はもっと円安ですが、大体が130~80円ぐらいの範囲内です。

そして、2007年から2012年まで長い円高の流れがあります。これはリーマンショックとその後の各国の通貨供給量を増やす政策が原因です。

日本は他国に比較して円を増やす政策が遅れていたので、その期間は他国通貨に比較しては円が少ない状況が続き円高でした。

2013年以降は日本も通貨供給量を増やしたので、円高から円安に戻っています。

もし日本がもっと早く通貨供給量を増やしていたら円高は続かなかったと思うので、やはり2007~2012年までの円高の大きな原因は政策です。

では、円高になればどうすればいいのでしょうか。

円高の対処法

この点、円高の対処方は根本的にはありません。

円以外の通貨の資産を保有していると、円高になると円の評価額は下がります。それは不可避です。

円高の対処法

・根本的には無い

では何もできないかというと、それは違います。円高の時は、円以外の通貨の資産に投資するチャンスです。

円の価値が高くなっているので、円を交換すればたくさんの他の通貨になります。

そして、もしその時に他の通貨で株などの資産を買っておけば、それは大きなチャンスになりえます。

当然ですが、その資産の価値が上昇すれば自分の利益は増えます。さらに、円高時に投資しているのて、為替が円安に戻ってくることでも利益は増えます。

つまり、円高時の投資がうまくいけば、「資産自体の価値の上昇」と「為替の円安効果」で利益を二重取りできるのです。

利益の二重取り

・投資した資産の価値が上がる

・その後に円安になれば円換算の評価額も上がる

例えば金融危機が起きた時には、急激な株安と円高が同時に来ることがあります。最近では2008年の「リーマンショック」です。その時は3ヶ月でドル円が「17円」ほど円高に進みました。

その時は世界中の株価も大暴落していたので、そこで円から他の通貨の資産に投資していたらその後の円高解消・株価回復でまさしく利益の二重取りでした。

昔から投資経験のある個人投資家の方のブログを見ていると、リーマンショックの時に利益を二重取りをして資産を大きく増やした方をたまに見かけます。

そのため、円高には実は大きなチャンスも潜んでいるのです。

おすすめ投資先

では、次に円高の時のおすすめ投資先を紹介していきます。

先ほど書いたように、円高の時の投資で上手くいけば利益を二重取りできます。なので、円高時にはやはりそれを可能にするような投資先を選択したいところです。

そのためには、以下の二つの条件を備えた投資先を選択する必要があります。

条件

・その対象がいずれ円安に戻る通貨であること

・長期的に上昇する投資先であること

「いずれ円安に戻る通貨」ですが、これについては新興国の通貨は除外したいところです。というのは、新興国は先進国に比べてインフレが進行して通貨の価値が下落していくので、長期的に見て円との関係では円高が続いていくからです。

【 トルコリラ円 2006~2019年 】

 

【 ブラジルレアル円 2006~2019年 】

 

【 南アフリカランド円 2003~2019年 】

※ いずれも下方向が円高です

 

これに対して、先進国の通貨はそうではありません。傾向として、一定の幅で円安と円高を行き来しています。

【 ドル円 1996~2019年 】

 

【 ユーロ円 1998~2019年 】

 

【 オーストラリアドル円 1998~2019年 】

 

この中で僕がおすすめしたいのは(アメリカ)ドルです。というのは、ドルという通貨自体の性質だけではなく、実は投資先として米国株があまりにも優秀だからです。

米国株が優秀な理由はたった一つです。それは、「ずっと株価が上がっている」からです。嘘だと思うかもしれませんが嘘じゃありません。ちゃんとデータがあります。

下記のチャートをご覧下さい。これは「ダウ平均株価」という米国の主要企業30社の値動きを平均して算出したものです。

※ ダウ平均株価 1900年からの超長期チャート

このダウ平均株価の100年チャートを見ると分かると思いますが、短期的には下落がありつつも長期的にはただの右肩上がりになっています。

1900年頃は一ケタだった株価が、現在ではもはや2万5000ドルを超えています。これは紛れもない事実です。

「ダウ平均株価」は客観的な数字のデータなので、検索すればすぐに調べることができます。試しにグーグルで「ダウ平均株価」と検索してみて下さい。一番上に現在の「ダウ平均株価」の数字が出てきます。

 

米国の主要企業の株価というのは、このように100年以上の長きに渡ってずっと上昇してきたものなのです。

もちろん、ただ株価だけが上がってきたわけではありません。企業の売上利益も上がり続け、それに伴って結果的に株価も上がってきたのです。

売上も利益も上がり続けてきたので、配当も上がり続けてきました。

米国株には何十年もずっと毎年配当を増やし続けてきた「連続増配企業」というカテゴリーがあるくらいなので、配当を増やすことは当たり前になっています。

また、株価の上昇についてですが、米国株への長期投資は平均すると1年で資産が8%増えるというデータもあります。

100万円は1年で108万円になり、2年で116万6400円になり、10年経てば215万8924円になるということです。

さらに、円高時に投資していたら、その後の円安でさらに利益が上乗せされてきます。

例えば「1ドル=100円」の時に米国株を100万円購して、10年後は円安になって「1ドル=120円」になっていたとします。

為替が同じなら米国株は215万8924円のままですが、「20円」円安になっているので資産はさらに20%上乗せされて259万708円になり、10年で2.5倍になります。

このように、米国株に投資して円高を上手く使えば資産運用で良い結果を出せる可能性が高まります。

円高はそれだけ見れば自分の現在の海外資産の評価額減少ですが、新たな投資を考えた時には大きなチャンスです。

従って、円高を恐れるのではなく、むしろ円高を歓迎して資産運用には望みたいところです。

※ 「ダウ平均株価」で米国株について説明させていただきましたが、米国株のもう一つの有名な指標で「S&P500」というものがあります。

「ダウ平均株価」は30社を扱っているものですが、「S&P500」は500社もの米国企業を扱っているものです。

僕は米国株への投資ではまずこの「S&P500」への投資をすすめているので、興味がある方は下記の記事を参考にしていただければとおもいます。

米国株(S&P500)のメリット
米国株(S&P500)のデメリット
米国株(S&P500)の始め方

以上です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。