米国株投資

【最新まとめ】S&P500の始め方を分かりやすく解説します

悩んでいる人
悩んでいる人
投資や資産運用をするならS&P500がオススメって聞いたけど、細かいことはよく分からない。具体的にはどうすればS&P500を始めることができるんだろう?

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容
  • S&P500を始める方法はETFか投資信託を買うこと
  • 具体的なETF・投資信託の種類
  • 初心者が買うべきETF・投資信託とは?
  • ETF・投資信託を買う時に使うべき証券会社
  • まとめ S&P500で豊かになろう!

米国株投資家のウォール街ちん太(@wall_gai_chinta)です。

僕は米国株に長年投資していて、S&P500へも投資しています。

  • 実際にS&P500に投資している証券会社の画面です【約154万円を投資して+63万円】

結論からいうと、S&P500への投資を始めるにはS&P500と同じ値動きをするように運用されているETF投資信託(とうししんたく)を買う必要があります。

※ ETFや投資信託というのは、自分のお金を預けてプロが代わりに運用してくれるシステムのようなものです

その理由は、S&P500はアメリカ企業500社の株価の平均点のようなものなので、それ自体を直接買うことはできないからです。

ETFや投資信託を買えばプロが代わりにS&P500と同じ動きをするように運用してくれるので、そこで初めてS&P500への投資が可能になります。

ただ、初心者がS&P500へ投資する時には注意する点があります。

それは、S&P500のETFと投資信託は数が多過ぎて初心者はどれを選べばいいか分からないということです。

※ S&P500と同じ値動きをするETF・投資信託は現時点で10種類以上もあります

そこで、この記事では現時点での全てのS&P500のETF・投資信託の中から、初心者が選ぶべきETF・投資信託を理由つきで解説していきます。

実際にS&P500へ投資している僕が解説するので安心して下さい。

この記事を読めば、自分が買うべきETFや投資信託が分かり、実際にS&P500への投資を始めることができます。

S&P500へ投資すればアメリカ経済の成長と共に自分のお金も増やすことができるので、やり方がわかったらすぐに始めてみましょう。

S&P500を始める具体的な方法

結論からいうと、初心者がS&P500への投資を始めるには以下の2つのうちのどちらかを買うのが正解です。

  • VOO (ETF)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド (投資信託)

ETFを買うのならば「VOO」、投資信託を買うのならば「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」を買いましょう。

※ ETFと投資信託のどちらを買うべきかは後で解説します

この理由ですが、それはこの2つが年間の管理手数料(信託報酬)が一番安いからです。

ETFや投資信託は買ってから売らずに持っていると、その額に対しての管理手数料がずっとかかります。

この管理手数料はETF・投資信託ごとに違う金額が設定されていて、安いものと高いものを比べると10倍以上の差があります。

S&P500と同じ値動きをするという内容が同じなら、手数料が安いものを選ぶのが正解です。

この点、ETFの中で管理手数料が最も安いのは「VOO」で、年間で「0.03%」の手数料となります。

「例:100万円のVOOを持っていた場合」=年間の管理手数料は100万円の0.03%の300円

これに対して、投資信託で管理手数料が一番安いのは「0.0938%」のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドです。

「例:100万円のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを持っていた場合」=年間の管理手数料は0.0938%の938円

高いと約0.5%に設定されている投資信託もあるので(100万円で手数料が年間5000円)、安いものを選ぶだけでコストが大きく違います。

管理手数料は売らない限りずっとかかるため、最初に手数料が安いものを選ぶことは投資成績を良くする重要なポイントです。

「S&P500と同じ値動き」ということで内容が同じなら、管理手数料が一番安く設定されているものを選びましょう。

ETFか投資信託のどちらを選ぶべきか?

ETFで最も管理手数料が安いのは「VOO」です。

そして、投資信託で管理手数料が最も安いのは「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」になります。

では、次にETFと投資信託のどちらを買えばいいかを解説していきます。

結論からいうと、ETFの方が手数料は安いので「VOO」を買うべきです。

ETFの「VOO」を買えば、最も安い管理手数料(年間0.03%)でS&P500への投資を始めることができます。

※ この理由のため、僕もVOOを選んで買いました。

ただ、「VOO」を買うには以下の3点に注意する必要があります。

  • 現在の株価だと、約3万円単位でしか買えない
  • 円ではなくドルで買う必要がある
  • 分配金に対して税金が二重にかかる

VOOは管理手数料が最も安いですが、この3点はチェックするべきポイントです(対処法は、この後で解説していきます)。

これに対して、投資信託ではこのような注意点はありません。

とにかく投資の手数料を安くしたい人はVOOを選ぶべきですが、上の3点の対応が面倒な人は投資信託のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを選ぶようにしましょう。

これから上の3点と対応策を解説していきますので、自分がどちらに向いているかも考えてみて下さい。

では、始めていきますね。

VOOの注意点①:約3万円単位でしか買えない

VOOの現在の株価は326ドルほどです。

ETFは金額を指定して買うことができないので、この約319ドル単位でしか買えません。

 

  • 1株買う:326ドル必要
  • 2株買う:652ドル必要
  • 3株買う:978ドル必要

現在は1ドルが105円なので、326ドルは約34,000円です。

以上により、ETFの「VOO」は少額の資金では扱いにくいという注意点があります。

これに対して、投資信託ならば100円単位から購入可能です。

そのため、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドなら細かい金額で買うことができます(100円、200円、300円など)。

管理手数料が安くても3万円以上からしか買えないのがVOOです。

これに対して、VOOより手数料は高いですが、100円から買えるのがSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドになります。

ポイント まとめ
  • VOOは約3万円単位でしか買えない
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは100円単位で買える

円ではなくドルで買う必要がある

VOOは海外の運用会社が扱うETFなので、原則として円ではなくドルで買う必要があります。

ドルで買う場合の手順は次の通りです。

  1. 円をドルに交換する
  2. 交換したドルでVOOを買う

この2つのことをする必要があります。

ただ、最近では円をドルに交換する作業を証券会社に代わりにやってもらうこともできます。

※ 証券会社に円貨決済(えんかけっさい)というシステムがあるなら可能です

なお、投資信託の場合は円で買えるので、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを買う時にドルに交換する必要はありません。

ポイント まとめ
  • VOOを買うには円をドルに交換する必要がある

    対応策:ドルへの交換を証券会社が代わりにやってくれるシステムを使う
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドなら円で買える

分配金に対して税金が二重にかかる

VOOなどのETFを持っていると、分配金というお金を年に4回もらうことができます。

  • 証券会社の画面でVOOの分配金を表示したものです【66.83ドル(約7000円)の分配金】

この分配金ですが、アメリカと日本の両方から税金がかかります(二重課税)。

日本のETFならば税金は約20%ですが、アメリカのETFであるVOOの場合は合計で約28%の税金がかかります。

年間の分配金が1万円の時は下のようなイメージです。

  • 日本のETF:税金2,000円・手取り8000円
  • アメリカのETF:税金2800円・手取り7200円

ただ、日本よりも高いこの税金は確定申告の手続きをすることで一部を取り戻すことができます。

詳しく知りたい方は【二重課税】米国株投資の税金について分かりやすく解説します」にまとめていますので、そちらを参考にしてください。

これに対して、投資信託のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは分配金が出ないので、このような税金の二重課税の問題は生まれません。

ポイント まとめ
  • VOOはアメリカと日本の両方から税金がかかる対応策:確定申告で税金の一部を取り戻すことが可能
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは分配金が出ないので税金の問題は生まれない

ETFと投資信託の決め方

ETFのVOOと投資信託のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドについて、もう一度まとめます。

年間の管理手数料
  • VOO:0.03%
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド:0.0938%

管理手数料はETFのVOOが圧倒的に安いですが、以下の注意点があります。

VOOの注意点
  1. 約3万円単位でしか買えない
  2. 円ではなくドルで買う必要がある
  3. 分配金に対して税金が二重にかかる

3万円単位でしか買えないのはどうにもできませんが、②と③には以下の対応策があります。

対応策
  • 「②への対応策」:円貨決済システムを使い、ドルへの交換を証券会社に代わりにやってもらう
  • 「③への対応策」:確定申告の手続きをして、分配金の一部を取り戻す

この点、投資期間が長ければ長いほど管理手数料の安さの違いは出てくるものです。

そのため、とにかく手数料の安さにこだわりたい人にはVOOがおすすめです。

逆に、手数料が少し高くても円貨決済や確定申告の手間を省略したいという人はSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドをおすすめします。

どちらを選んでもS&P500と同じ値動きということで、投資内容は同じです。

「手数料の安さ」「投資の手間の少なさ」かのどちらかで選びましょう。

※ 個人的には、どちらを選んでも投資結果にほぼ違いはないと思っています

S&P500を始める具体的な手順を解説します

確認になりますが、S&P500への投資をする方法は、S&P500と同じ値動きをするETFか投資信託を買うことになります。

ただ、ETFか投資信託かを決めてもいきなりS&P500への投資を始めることはできません。

具体的に投資を始めるためにまず必要なのは、証券会社に口座を作ることになります。

S&P500への投資を始める具体的な流れは以下の通りです。

  1. 証券会社に口座を開設
  2. 口座に入金
  3. 実際にS&P500のETFか投資信託を購入

この点、証券会社はたくさんありますが、どの証券会社でもVOOやSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを扱っているわけではありません。

※ それらを扱っていない証券会社に口座を作っても何もできません

そこで、S&P500のETF・投資信託を買うことのできる初心者におすすめの証券会社について、次に解説していきたいと思います。

証券会社といってもシンプルな基準で見ればいいので、難しく考える必要はありません。

では、始めていきますね。

使うべき2つの証券会社

先に結論をお伝えすると、以下の証券会社がおすすめです。

  • 「VOOの購入」:DMM株
  • 「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの購入」:SBI証券

理由は下記の通り。

DMM株

ETFのVOOを無料で買える

SBI証券

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを買える唯一の証券会社

以下、一つずつ説明していきます。

DMM株

DMM株はETFを含めて米国株の売買手数料が完全無料(0円)です。

そのため、ETFのVOOも無料で買うことができます。

他の証券会社では、売買手数料はおおよそ以下の感じです。

  • 売買金額の0.45%の手数料
  • 最低は0ドル
  • 最大でも20ドルまで

※ 楽天証券・SBI証券などではキャンペーン中はVOOを実質無料で買えますが、売却も無料なのはDMM株だけです

もっとも、DMM株には分配金の為替(かわせ)手数料が高いというデメリットがあります。

VOOを買うと1年に4回の分配金が貰えますが、そのお金がドルから円に交換される時の手数料が高めに設定されています。

DMM株とその他の為替手数料を比較すると下記の通りになっています。

  • 「一般的な為替手数料」:1ドルの交換で25銭(0.25円)
  • 「DMM株の分配金手数料」:1ドルの交換で1円

DMM株の手数料の具体的なイメージは下記の通り。

※ 「1ドル=100円」で計算します

  • 分配金1ドル→100円になる:手数料で1円引かれる
  • 分配金10ドル→1000円になる:手数料で10円引かれる
  • 分配金100ドル→1万円になる:手数料で100円引かれる

他の証券会社の一般的な為替手数料は「1ドル=25銭(0.25円)」なので、上記の4分の1になります。

売買手数料は完全無料(0円)ですが、分配金の手数料が高いのがDMM株の特徴になります。

もっとも、運用する金額が大きいほど為替手数料は大きくなるものなので、普通の人はそこまで気にする額ではないです。

かなり大きな金額で運用する人でないかぎりは(1000万円以上)、売買手数料無料(0円)の方がメリットは大きいといえます。

DMM株を使えば管理手数料が一番安いVOOを無料(0円)で買えるので、低いコストで投資を開始できます。

手数料の安い方法でS&P500への投資を始めることはおすすめです。

>> DMM株でS&P500への投資を始めてみる

※口座開設は無料で、口座維持手数料もかかりません。
※口座開設フォームの記入は5分ほどで終了します。

SBI証券

投資信託のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドはその名の通り、SBI証券でのみ取り扱っています。

※ 追記:2020年4月よりマネックス証券・岡三オンライン証券でも取り扱い開始しました

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは以下のような特徴があります。

  • 売買手数料が無料
  • 100円単位で購入できる

このような買いやすさがあるため、色々な買い方の検討が可能です。

  • 一度に全ての資金を使う
  • 資金を分けて買う回数を増やす

回数を分けて買う効果については「ドル・コスト平均法とは」にまとめてありますので、さらに詳しく知りたい方は参考にしてください。

どのような買い方をするにしても、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドならば長期的に失敗する可能性はほぼありません。

投資信託でS&P500への投資をするのなら、SBI証券に口座を開設して始めていきましょう。

>>SBI証券でS&P500への投資を始めてみる

※口座開設は無料で、口座維持手数料もかかりません。
※口座開設フォームの記入は5分ほどで終了します。

まとめ S&P500を始めよう!

以上、米国株指数S&P500への投資の始め方についてまとめてきました。

投資方法は色々とありますが、あらためて僕が強調したいことが1つだけあります。

それは、S&P500は投資や資産運用で間違いなく正解の1つだということです。

長期的には確実に成長してきたのがアメリカ経済なので、今後もこの流れはすぐには誰も止められません。

S&P500への投資を始めておくだけで、時間の経過と共に米国の成長の恩恵を受けることができます。

投資しておけば自分の資産も勝手に増えていくので、経済的・精神的にも豊かになっていくものです。

そのように素晴らしいS&P500への投資は、ETFや投資信託をポンと1つ買うだけで簡単に始めることができてしまいます。

この機会にぜひS&P500への投資を始めて、自分の未来を豊かにしてみましょう。

DMM株ならETFのVOOが無料(0円)で買えます。

\米国株の売買手数料が無料(0円)!/

DMM株で今すぐS&P500を始める

※口座開設は無料です

 

投資信託のSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを買うならSBI証券です。

\SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド購入可能!/

SBI証券で今すぐS&P500を始める

※口座開設は無料です

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。